So-net無料ブログ作成
検索選択
Remember the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake. Pray for Japan
ワークショップ ブログトップ

ちぎって貼ろう [ワークショップ]

ワークショップ草案 No.2

☆ちぎって貼ろう

身近にあるいらなくなった新聞紙、チラシ、雑誌をちぎって紙に貼って
みよう!折り紙もあれば使ってみよう!

☆方法
少し大きめの画用紙を容易して大まかなシルエットを決めて(または
何も決めずに)好きにちぎってノリで貼っていく

大きくちぎって
小さくちぎって
色をあわせて(&色を組み合わせて)
広告を上手く活用して
ロゴや文字も組み合わせて

一体、何ができるかな?

☆効果
手でちぎる感覚、組み合わせる感覚、作る楽しみ、想像力の向上

ちぎった紙片を組み合わせる感覚から子供の想像力を養い、ちぎって貼る
という行為によっていつの間にか楽しくコラージュ作品を作ってしまう

また子供がどういう風にちぎるのかによって(例えば大きく、細かく、ざっくり
丁寧等)子供のおおまかなその時の個性を知る

何も紙にクレヨンや絵具で絵を描く事だけが絵の表現じゃないんだよ、色ん
な表現方法があるよというワークショップ

※ワークショップ草案では軸になるような部分をメモ変わりに書いています
後日加筆する可能性もあります

お家でお子さんと一緒にしてみてもまた面白いかもしれません

☆お家でやられるときの注意点
まず自己責任にてお願い致します
もし興味を示さないときは無理にさせない方がいいです、基本は楽しく
先に親が楽しそうにしていると子供の方から興味を持って寄ってきます
親が模範解答を用意するのはやめましょう、子供の好きにさせてみてください
できあがった作品に対して興味を持ってお子さんに聞いてみてください、きっと
色々と説明してくれると思います、説明を聞いて親もうなずき楽しみましょう

身近に創作を楽しめる環境を!そしてアートをもっと身近な存在に(^-^)

Kazuya 2009.12.04
トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

モノのカタチ [ワークショップ]

ワークショップ草案 No.1

☆モノのカタチ

大まかに人間は丸と三角と四角の3パターンの組み合わせと現在まで
の経験から脳で瞬間的に物のカタチと物体の名前を判断しています

簡単なシルエットで遊びながら物のカタチや色等を色々と想像していく
ワークショップ

☆方法
簡単な丸、三角、四角からまず何を想像できるか考えよう
何を最初に想像したかな?
想像したモノの色は何色?
そしてそれは固い、柔らかい?

丸、三角、四角を組み合わせて何ができるか想像してみよう
想像したものは何?
そしてそれは何色かな?

想像したものを厚紙を切り抜いてシルエットで実際にカタチ
にしてみよう、カタチにしたら色も塗ってみよう

各自が白の厚紙をシルエットに切って皆で当てっこをする

☆効果
子供の想像力、観察力を楽しみながら鍛える

子供の興味の対象を読み取ることができる
モノのカタチの認識は今までの経験が大きく作用する為、普段子供
が何に興味を持っているのか、好きな物事をより理解しやすくなる

※ワークショップ草案で軸になるような部分をメモ変わりに書いています
後日加筆する可能性もあります

お家でお子さんと一緒にしてみてもまた面白いかもしれません

☆お家でやられるときの注意点
ハサミ等刃物を使われる場合は十分注意して自己責任でお願い致します
お子さんがすぐに想像できなくても根気良く待ちましょう
もし興味がないときは無理にさせない方がいいです、基本は楽しく
先に親が楽しそうにしていると子供の方から興味を持って寄ってきます
親が模範解答を用意するのはやめましょう、子供の想像したものを違う
なと思ってもまずはそれを受け入れて話をじっくり聞いてみてください

身近に創作を楽しめる環境を!そしてアートをもっと身近な存在に(^-^)

Kazuya 2009.3.06
トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
ワークショップ ブログトップ